09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

Over the rainbow 

バド・パウエルを聴きながら釣り場へ。

時化具合は前回の1.5倍。

目まぐるしく向きが変わる強風と

強いうねり、濁り。


だからと言って

“キャストしない”

という選択肢はない。


風の止み間に投げて

ノタを避けながらシャクる。


そしてそのシャクりが気持ち悪いほど軽い。

当て潮だ…。


最悪。何重苦だよ。


“こんな日にイカ釣りなんてしなくても…”

の見本のような海況。


案の定、2時間この海況に立ち向かって

撮影する気にもならないコロッケがひとつっきり。


その後、風を避けるべく入った移動先では

当てるほどの潮もない、見事なほどのババ潮。


こうなるともはやモチベーションを保つことすら難しく、

僕のエギングでは珍しい根掛かりを連発させてしまう。

エギのロストだけならまだしも、

リーダーを飛ばしてはFGを編む。


潮を探すと強風に見舞われ、

風を避けると潮がなくなる。


もうやめればいいと思うでしょ?


生命感がないかと言えばそうでもないんだな。

ほら。

サイズはないけど、アジやカマスは投げれば釣れる。

ベイトはいるような状況だから、

止め時がわからなくなるんだよ(^^;


日付が変わる頃、上げ止まりを合図におしまい。


凪ぎで釣りがしたいけど、

自然相手だと仕方ない。

釣り機会も限られてると

こんな日の釣りも余儀なくされてしまう。

そして、今回はタックルのひとつが受難の為入院決定。

釣れるも釣れないも

ラッキーもアンラッキーも

全ては釣りのうち。

いずれ虹はかかるよ。

スポンサーサイト

category: エギング

Posted on 2014/09/20 Sat. 17:55  edit  |  tb: --  cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。